iPadとAnkerのBluetoothキーボードで文字入力が捗った件

iPadとAnkerのBluetoothキーボードで文字入力が捗った件

どうもとまち(@tomachikeita)です

いつもはPCを持ち歩いてるんやけど、いかんせん重い。

そんな時にiPad+Bluetoothキーボードで文字がいい感じに入力出来んかなーと思って、試してみました!

まずはBluetoothキーボードを買ってみる。

今回買ってみたのはAnkerのこれ

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード


Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト

本当はApple純正のキーボードがええんやけど、いかんせん高い…

ってことでモバイルバッテリーで有名なAnkerさんが出してるワイヤレスキーボードにしてみました。

自分、打感はあまり気にしない人なんですけど、まあまあチープ?やと思います。

なんかこう、プラスチックをコチコチしてる感じ。

押してる感覚は十分にあります。

あとちょっと打音がするかもです(だいたいイヤホンで音楽聞きながら作業するんで、個人的には別に気にならない)

サイズ感はこんな感じ。

ぼくはiPad Pro 12.9inchを使ってるんですけど、ちょうど横幅がいい感じに収まる感じ。

特徴としては、とにかく軽い!

あとキー配列がUSなのでここは慣れが必要かなって感じ。

iPadと繋いでみる

Bluetoothなんで接続は簡単にできます。

まずキーボード裏面のスイッチをオンして、(Fn + Z)を押せば接続待機状態になるので、iPad側で設定→Bluetooth からAnker A7726を選択して指示通りにキーを押せば繋がります。

一度設定しておけばキーボード背面のスイッチでオフしても、オンした時に勝手に繋がってくれます。

実際に入力してみた感想

 ⚫︎慣れていないころ

「これiPhoneでフリック入力した方が速くね?」

って思います。

その理由は予測変換とフリック入力への慣れが原因だと思う。

⚫︎ちょっと慣れたころ

「あ、いい点もちらほらあるな」

と思えてくる。

いい点その1

カーソル移動が楽。

iPhoneでのカーソル移動は文中の文字を長押しして、移動したいところに狙い撃ちする必要がある。

遠くの文章ならまあいいんやけど、例えばすぐ近くに移動したいときは若干もどかしい。

でも、キーボードでは十字キーがついてるので素早く目的の位置にカーソル移動ができる。

便利(いや当たり前か)

いい点その2

コピペなどのショートカットコマンドが使える。

文章は文字を長押しして範囲を選択しなければならないが、

ここからコピー(Command + C)も使える。

そしてペースト( Command + V)も使える!

いいっすねいいっすね!

iPhoneやとペーストする時もタップしてペーストを選択せんといかんので、もどかしさMAXなんすよね!

あとこれはいい意味でやべえって思ったのが

(Command + Z)で一つ前に戻どした後に「あ、やっぱ戻さんでよかったな」ってときに

(Command + Shift + Z)で戻し作業前に戻れるのが良いですね!

進む戻るはアプリによってマークとして出てなくて出来ないときもあるんで、

こういうキーボードショートカットがフルに使えるのはかなり便利っすね!

いい点その3

文章が見渡しやすい

iPhoneで文字を打っていたりiPadで画面上のキーボードを使っているとどうしても文章の見えるスペースが小さくなってしまい、長文なんか書いてると以前打った文字はスクロールで戻さなければいけません。

こんな感じ

Bluetoothワイヤレスキーボードを使うとiPad上にキーボードは表示されないので、文字の表示スペースが大きくなって過去に打った文字も簡単に見返すことができます。

こんな感じ

それにiPadだとiPhoneと比べて画面が大きいのでより多くの情報が見れますね~

キーボード特有の問題点

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードはUSキー配列なため日本語と英語を切り替えるには、

(Control + space)で切り替えることになります。

押すとこんな感じで切り替わる

ぼくはSimejiとデフォルトの英字を行ったり来たりできるようにしています。

MacBookなどでspaceの両隣でキー1つで切り替え出来ないため、若干めんどくさいかもです。

 

ある程度簡単な英字だと日本語でそのまま打って変換でゴリ押しするなんてこともできたり笑

これはこれでちょっと面倒やけど

あとキーボードの電源の切り忘れでカバンに入れてたらiPadが暴走しました笑

このキーボードには音楽を再生するキーがあるので、持ち運んでいる時にそのキーが押されていてカバンから音楽が爆音で流れてちょっと焦りましたね~笑

まとめ

今回この記事をiPad+Bluetoothキーボードで書いてみましたけど、個人的にこの組み合わせは「あり寄りのあり」でした。

やっぱり慣れてくるとフリック入力よりタイピングの方が個人的には早いので[ほぼ]パソコンと同じ感覚で打てるBluetoothキーボードは便利っすな!

パソコンを持ち運べない(持ち運びたくない)局面で積極的に使って行こうかなって感じですな!

ではでは

今回使った商品


Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト